ヨナグニウマと、たくさん遊ぼう!

ヨナグニウマと遊ぶ

「沖縄には何度も来ているけど、いつもと違う過ごし方をしたい」

 

そう思ったことはないですか?そこで提案したいのが、沖縄の在来馬ヨナグニウマとの「馬遊び」です。楽しく遊びながら、ヨナグニウマの保護活動に貢献できる…そんな沖縄の楽しみ方、ぜひお試しください。

 

ヨナグニウマ保護活用協会は沖縄本島(南城市)のヨナグニウマの馬牧場を運営していますが、離島の石垣島久米島にも兄弟牧場があり、それぞれの牧場でヨナグニウマと触れ合い遊ぶことができます*。

 

夏は、ヨナグニウマに乗ったまま海に入ってしまう海馬(うみうま)遊び。冬の涼しい時期は、砂浜をゆっくり歩いたり走ったりするビーチライドや、馬に乗って山や森を散策したり沖縄の史跡を訪ねたりする乗馬トレッキングなど、全ての季節でたくさんの遊び方があります。

 

子供はもちろん、大人の方も、馬に乗るのが初めてでもご心配なく。もちろん経験者の方にも、普段なかなか乗れないヨナグニウマと遊ぶ楽しさを知っていただき、非日常の特別な体験を味わっていただきたいと思っています。

 

*本家の与那国島の牧場にも協会のヨナグニウマは暮らしていますが、高齢馬をのんびりさせる養老牧場なので馬遊びは残念ながらできません

ヨナグニウマの多様な活用法

~観光での馬遊びだけでなく、教育や心身のケアにおいても馬は活躍しています~

海馬(うみうま)遊び

与那国島で30年も前に始まった海馬(うみうま)遊びは、沖縄ならではの新しいマリンスポーツ。その名の通り、ヨナグニウマに乗ったまま海に入ります。

 

ヨナグニウマの体に水をかけて洗ってあげたり、撫でてあげたり、シッポにつかまって泳いだり、ヘアスタイルで遊んだり。

 

海の中ならではの馬との濃密なふれあいも、海馬遊びの醍醐味です。ライフジャケットの貸し出しがあるので、お子さま、泳ぎが苦手な方も安心してお遊びいただけます。


ビーチライド(浜での乗馬)

「沖縄の白い砂浜で、馬に乗って闊歩する」

 

そんな夢を実現できるのがビーチライド。しかも沖縄古来の在来馬ヨナグニウマで体験できちゃいます。いつもより少し高い目線でビーチの景観を楽しんだり、沖縄の風を感じてください。のんびり歩くのもいいけれど、アクティブ派の方は馬に乗って走る体験もぜひどうぞ。馬に乗って砂浜を駆け抜ければ、映画スターの気分を味わえるかも?


馬に乗ってトレッキング

沖縄といえば海ですが、森や山などの自然もとっても豊かです。ヨナグニウマの背に揺られながら、沖縄独特の緑と海がコラボする景観をのんびり楽しんだり、沖縄に古くからある城跡や聖地を馬に乗って訪ねたりと、レンタカーでまわるだけでは味わえない楽しみを見つけてみてください。馬に乗り慣れている方はもちろんですが、初心者の方が安全に楽しめるコースもたくさんご用意しています。


心も体も癒されて

馬と人間の結び付きは長く、馬がいわゆる家畜となったのは、5000年前とも6000年前とも言われています。日本では、約1700年前の弥生時代から密接に関わりがありました。そこから「農耕」「軍事」「競馬」と、時代と共に馬は様々な役割を担ってきましたが、共通して言えるのが、馬と人とは一緒に働くなかで心を通わせていたこと。そうした心のつながり、そして馬の背中の複雑な揺れが、人の心身のケアに大いに役立つことがわかってきています。