あなたは、

ヨナグニウマを

知っていますか?

日本の最果てにある与那国島に

ずっと昔から生きている

ヨナグニウマ 

今からほんの50年ほど前まで、

ヨナグニウマは米やサトウキビなど、

重い荷物を背中に載せて、

人と一緒に働いていました
人は馬を大事にし、

馬もまた人に尽くしました

そこには、ともに働いて

喜びもつらさも分かち合う、

人と馬のパートナーシップが

ありました

そして今でもヨナグニウマたちは

人と一緒に働きたい、遊びたい、

そう思っているのです

 

車や機械に役割を取られてしまった

現代のヨナグニウマは、

新たな役割を必要としています

人と一緒に暮らし、ともに遊び、

共感しあい、安らぎを得る

そんな人間との新しい関係にこそ、

ヨナグニウマが生き延びる道がある、

と私たちは考えます。

 

観光はもちろんのこと、教育、医療、

福祉、農業の分野など、

ヨナグニウマが活躍できる分野は

多岐にわたります。

私たちはこの大切な遺伝資源を守り、

常に新しいヨナグニウマの活用法を

模索しながら

人と馬との新しい関係づくりを

目指しています。


ヨナグニウマについてのQ&A 

多くの方から質問いただいたことをまとめました


① 普通の馬と何が違うの?

ヨナグニウマ(与那国馬)は、日本に8種残っている在来馬の1種です。

1969年に、与那国町の天然記念物に指定されました。

その特徴をまとめると:

 

*小さい。(体高は、およそ110~120センチ。体重は約200キロです)

 みなさんがよくご存知のサラブレッドは体高160~170センチ、体重も500キロほどありますので、それに比べるととっても小さいですね。

 

*足腰と蹄が強い。

 かつて農家の大事な担い手として活躍していた頃は、100キロ以上の荷物を載せて働いていました。

   蹄が硬いので、足もとの悪い山道でもへっちゃらです。蹄鉄は必要ありません。

 

*毛の色は、「鹿毛(かげ)」のみ。白い模様はありません。

 鹿毛とは、全身がほぼ茶色で、たてがみやしっぽ、足もとの色が濃い茶(または黒)の毛色です。

   茶色でも、少し赤みがかった茶色、黒っぽい茶色、黄色っぽい茶色など、よく見ると違いがわかりますよ。

 

*背中に鰻線(まんせん)がある。

 鰻線とは、背骨に沿って、たてがみから尻尾までをつなぐ濃い毛色の筋。

   改良種には出ないと言われ、より原種に近い馬に出ると言われています。

   くっきりわかる馬と、うっすら、よく見ればわかる、という馬がいます。

   今度じっくり見てみてくださいね。

 

*性格は素直で温厚。

 もちろん、調教の具合や個体によって、扱いやすさにはかなりの差が出ますが、素質がとてもいいです。

 正しい接し方、調教をすれば、本当に素直で優しい、人間のパートナーにふさわしい馬になる可能性が高いのです。

 

② ヨナグニウマは数が少ないと聞きました。絶滅しちゃうの?

 沖縄には、ヨナグニウマとミヤコウマ、という2種の在来馬がいます。

 ヨナグニウマは現在130頭、ミヤコウマは46頭です(平成28年、馬事協会発表)。

 どれぐらいの個体数が残っていれば絶滅を逃れるのか・・・? 

   それは今の時点では誰にもわかりません。

 今わかるのは、とっても数が少ないということ。

   そして、この愛らしい馬が消えてしまったら、

 未来の日本人はきっと後悔するであろうこと・・・。

 

 ヨナグニウマは離島中の離島である与那国島に残ったため、外来の馬との交雑が少なく

 在来馬のなかでも純度が最も高いと言われています。

  そのうえ、素直でかわいらしい、と言えば、なんとしても守っていきたい馬ですね。

 

③ ヨナグニウマを守るって、どうしたらいいの?

 まずは数を増やすこと、というのが最初に皆さんが思いつくことだと思います。

 でも、数だけ増やせばいいのでしょうか?

 

 与那国島のヨナグニウマのほとんどは半野生状態で放牧されており、人間がエサをあげたりすることはありません。

 自分で草を食べて生きているわけですが、必要な草の量を考えると、今の放牧地で生きていけるヨナグニウマの数は

  そう多くないのです(1頭の馬を養うには約1ヘクタールの放牧地が必要だと言われています)。

  与那国島の放牧地、北牧場や東牧場のヨナグニウマをよくよく見ると、エサが足りていないため、ガリガリの馬ばかりです。   となると、与那国島以外の土地でも増やしていくことも考えなければならないのです。

 

 また家畜であるヨナグニウマは、これまでに人と一緒に暮らし、パートナーとして働いてきました。

 ちゃんとした役割があったからこそ、彼らはここまで生き延びてこられました。

 しかし機械化が進んだいま、農家のパートナーとしての役割はほぼなくなりました。

 ヨナグニウマはいま、時代に合った新しい役割を必要としています。

 

 人と共に生きていけるような、ヨナグニウマの役割。みなさんも、一緒に考えてみてくださいね。

 

④ ヨナグニウマって、みんなおとなしいの? 誰でも飼えるの?

 難しい質問です(笑)。

 人と同じように、ヨナグニウマにもいろいろ個性があり、元気な馬もいれば、ぼーっとおとなしい馬もいます。

 そして一つ言えるのは・・・個性はいろいろあるけれど、基本的には

 「飼い方、調教、がきちんとしていれば、とても素直で人懐っこくてかわいい馬ができます」ということ。

 

 馬を飼うための正しい知識と、手間と愛情。

   これさえあれば、ヨナグニウマでなくても???すごく良い馬になります!

 とはいえ、もとが素直なヨナグニウマは人の接し方次第で、とーーーっても良い馬になるんです!

(社)ヨナグニウマ保護活用協会

★事務局★

〒901-0608

沖縄県南城市玉城親慶原290

うみかぜホースファーム内

umikazehf@yahoo.co.jp

★直営牧場★

ヨナグニウマふれあい広場(与那国島)

動物取扱業登録  沖八展第7号

事業所名      ヨナグニウマふれあい広場

代表者氏名     久野雅照

登録年月日     平成19年4月16日

有効期間末日    平成34年4月15日 

動物取扱責任者   西山真梨子

うみかぜホースファーム(沖縄本島)

動物取扱業登録  沖動展第597号

事業所名      うみかぜホースファーム

代表者氏名     久野雅照

登録年月日     平成21年4月24日

有効期間末日    平成31年4月23日 

動物取扱責任者   中川美和子