★ヨナグニウマ保護活用協会(通称「馬広場」)とは★

私たちは、日本の希少な在来馬<ヨナグニウマ>を有効に活用し、その保存に貢献することを目的に活動している非営利型の一般社団法人です(2017年10月より、NPOヨナグニウマふれあい広場より移行しました)。

 

希少な動物を保護・保存しなければならないのはもちろんですが、どんなに保存の努力をしたところで、

活用の場がなければ意味がありません。

 

私たちはヨナグニウマを自家繁殖し、乗用馬や治療的乗馬、動物介在教育などに活用できる馬として調教しているほか、

ヨナグニウマを使ったさまざまな形の<馬遊び>を提案し、より多くの人々にヨナグニウマと遊ぶ楽しさ・素晴らしさを

知ってもらう努力をしています。


与那国島の「馬広場」が始まった頃に描いた、「夢の馬広場」。こんな馬広場を目指していきます。


★一人の「若者・バカ者・よそ者」から始まった「馬広場」★

 

今から40年近く前、はるばる神奈川県から遠く与那国島にやってきた若者がいました。

「ヨナグニウマ絶滅の危機」という小さな新聞記事を目にして、

自給自足の生活をしながらヨナグニウマを守るんだ!と意気込んで、

取るものもとりあえず島に飛んできてしまったこの人、まさに「バカ者・よそ者」の若者です。

 

当時、ヨナグニウマは50頭近くまで減っていて、本当に絶滅寸前でした。

ヨナグニウマを守りたい、と言うものの、島には知り合いもいないし、お金もない、馬のこともよく知らない。

とにかく、ヨナグニウマを手に入れないと始まらない。そんなわけで、ヨナグニウマがほしいと言い続けて3年、

ようやく若者は1頭のオスのヨナグニウマ「歩鼓地(ポコチ)」を手に入れることができました。

 

それから若者は、仕事の合間に馬と遊び続けました。何しろ馬のことを何にも知らないのですから、噛まれ、蹴られ、

ドツかれ、乗ろうとしては振り落とされ、の連続です。そうして1人で馬と遊んでいると、あることに気がつきました。

馬がいると、なんやかんやと人が寄って来るのです!

 

最初はウマ好きの島人、それから島に滞在していた観光客(当時はキャンパーという人種が日本全国でふらふらして

いました)、そしてもちろん、島の子供たち。馬に乗りたい!という彼らを乗せて遊んでいるうちに、人が人を呼び、

宿とご飯と馬遊びと引き換えに、牧場づくりを手伝う若者が入れ代わり立ち代わりやってきました。

そして気がつけば、ボランティア(などという言葉も当時はなかったです。「助っ人」と呼ばれていました)のみで

運営している「馬広場」ができあがっていたのです。

 

こうして、自然発生的にできた「馬広場」。

気が付けば、若者が集まり、子供もお年寄りも、しょうがいを持った人も、みんなが仲良く、楽しく、馬と遊べる

「馬広場」になっていました。

 

「小さな町に小さな馬広場」

 

こんな小さな馬広場が、日本全国にあればいいな。乗馬クラブみたいに堅苦しくなく、どんな人でもその人なりの遊び方で

楽しく馬と過ごせて、小さくてかわいい、その土地土地の在来馬が活躍できる小さな馬広場を日本全国に広げたい。

そんな創始者の想いに共感し、与那国島の馬広場から巣立っていった若者たちが、久米島石垣島でも小さな馬広場を

立ち上げました。「小さな町に小さな馬広場」の輪は、沖縄県内で確実に広がっています。

 

 そして今

 

「NPOヨナグニウマふれあい広場」は2017年10月、創始者の想いを継ぎながら、よりいっそうヨナグニウマを盛り上げるために「一般社団法人 ヨナグニウマ保護活用協会」として生まれ変わりました。今後とも、どうぞ変わらぬ暖かいご支援をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

(社)ヨナグニウマ保護活用協会

★事務局★

〒901-0608

沖縄県南城市玉城親慶原290

うみかぜホースファーム内

umikazehf@yahoo.co.jp

★直営牧場★

ヨナグニウマふれあい広場(与那国島)

動物取扱業登録  沖八展第7号

事業所名      ヨナグニウマふれあい広場

代表者氏名     久野雅照

登録年月日     平成19年4月16日

有効期間末日    平成34年4月15日 

動物取扱責任者   西山真梨子

うみかぜホースファーム(沖縄本島)

動物取扱業登録  沖動展第597号

事業所名      うみかぜホースファーム

代表者氏名     久野雅照

登録年月日     平成21年4月24日

有効期間末日    平成31年4月23日 

動物取扱責任者   中川美和子